毛抜きでの脱毛は黒ずみの原因に?

エステ 0 Comments

毛抜きを使っての脱毛はお肌に大きな負担を与えます。毛抜きでの脱毛は今すぐやめましょう。
たしかに毛抜きでの脱毛は、毛根から除去してしまうので、
再びムダ毛が生えてくるまでの期間は、他の手段に比べてたしかに長くなります。
しかし、脚、腕、ワキ、etc…を全て毛抜きで抜いて処理するには膨大な時間がかかります。
それだけの時間があれば、カミソリや脱毛クリームでの脱毛が何回できることか…。
そして、毛抜きを使っての脱毛の最大のデメリットは、他の脱毛方法と比べお肌へのダメージが格段に大きい点。
毛抜きで脱毛した直後は、毛根からなくなってしまうので、ツルツルのお肌になった感じがしますが、
毛を抜いた後に赤くなったり、毛穴周辺が盛り上がってしまったりした経験はありませんか?
抜いた後の開いた毛穴に最近が入り込み炎症を起こしてしまったり、
汚れが入り込んで黒ずみになってしまったりといいことはありません。
一時的に脱毛に成功しても、それによってお肌にダメージを蓄積してしまい、
お肌そのものがトラブルを起こしてしまっては本末転倒です。
若い頃は体の治癒機能も活発で目立たないかもしれませんが、
年齢の経過と共に肌へ蓄積されたダメージは顕著になっていきます。
脱毛はあくまで美容の一環であり、肌そのものの状態を無視することはできません。
後になって後悔しないためにも、今から脱毛の方法を真剣に考え直してみてはいかがでしょうか。

関連記事