カードローンとキャッシングの借り方の違いについて

お金 0 Comments

カードローンとは、クレジットカードやキャッシュカードを用い、指定された銀行口座を通じて、限度額に合わせて借り入れできる融資のことです。借り入れは自由で、繰り返しお金を借りることができます。融資は窓口から直接行えるほか、ATMやキャッシュディスペンサーなど様々な機械を利用して借り入れることができ便利です。銀行や消費者金融に加え、カード会社などが提供するサービスです。金利が低めに設定されていますが、そのかわりに審査は厳しい傾向にあります。
キャッシングとは、クレジットカードやキャッシュカードに付帯している機能を利用した借り入れで、こちらもATMやキャッシュディスペンサーから現金の融資を受けられます。一括払いが一般的ですが、近年ではリボ払いも可能なサービスを行っている会社もあります。近年では店舗に行かずともインターネットやスマートフォン、携帯電話などから借入を行うことができ利便性が高まっているのが特徴です。
カードローンとキャッシングは、両方とも使途無制限で無担保という部分は共通していて、大きな違いは支払い方法にあります。カードローンでお金を借りた場合はリボ払いが一般的で、数カ月かけて毎月利息分を足した金額を返済します。キャッシングは一括払いで返済する必要があり、翌月の返済日に元本に利息を合計した金額を支払います。借り方はどちらもATMや店頭、インターネットなどが選べますが、貸金業者によって用意されているサービスが違うことがあります。

関連記事